TEIKOKU NEWS ONLINE


倒産・動向記事

新型コロナウイルス関連倒産 2020/11/09 (月) 13:04:47
業 種ゴルフ場経営
商 号株式会社美岳カントリークラブ
 <ミタケカントリークラブ>
企業コード980101114
所在地岐阜県
倒産態様民事再生法の適用を申請
負債額負債30億9400万円
「岐阜」 (株)美岳カントリークラブ(資本金1000万円、可児郡御嵩町前沢8075−3、代表遠藤正人氏、従業員14名)は、11月6日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全・監督命令を受けた。

 申請代理人は植松泰子弁護士(東京都港区虎ノ門1−1−28、シティ法律事務所、電話03−3580−0123)。監督委員には本山正人弁護士(東京都中央区八丁堀4−1−3、岩崎・本山法律事務所、電話03−6222−8075)が選任されている。

 当社は、1962年(昭和37年)12月にゴルフ場の企画、開発、運営などを目的に設立された。運営していたゴルフ場「美岳カントリークラブ」(岐阜県可児郡)は75年11月にオープン。同ゴルフ場は、伊吹コース(9ホール)、恵那コース(9ホール)、御岳コース(9ホール)の3つ(全27ホール、総パー108)からなる丘陵コースで、松林でセパレートされた各ホールは全体的にフラットで、なだらかな起伏があり、ビギナーから上級者まで幅広いゴルファーに対応していた。また、中央自動車道・土岐ICから約15qと近く交通の便の良さも強みとなっていた。

 2001年6月に商号を(株)美岳カントリークラブから(株)美岳開発に変更(その後、商号変更を繰り返し、2012年4月に(株)朝日コーポレーションに変更)。2003年6月には別途設立されていた(株)美岳カントリークラブに会社分割により同ゴルフ場運営事業を承継した後、グループの管理統括業務や投融資業を手がけていた。さらに、2015年2月には関係会社からゴルフ場「フォレスト旭川カントリークラブ」の事業を承継し、2017年3月期には年収入高約4億6700万円を計上していた。

しかし、ゴルフ場運営事業においてコストが嵩み、2018年3月期および2019年3月期と2期連続赤字決算に陥るなど業績が悪化していた。このため、グループ事業の再編を進め、2019年4月に新設分割により関係会社に当社の「フォレスト旭川カントリークラブ」運営事業および投融資事業に関する権利義務を承継する一方、同年6月には(株)美岳カントリークラブを吸収合併し、商号を(株)朝日コーポレーションから(株)美岳カントリークラブに変更し、ゴルフ場「美岳カントリークラブ」運営に事業を転換していた。

 こうしたなか、長年、預託金償還問題を抱えていたことに加え、今年に入り新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴い、外出自粛の動きから、プレー収入が減少。自力での再建を断念し、法的手続きにより再生を目指すこととなった。

 負債は債権者数約2800名に対し約30億9400万円(そのうち、預託金が約29億8900万円)。


戻る