TEIKOKU NEWS ONLINE


倒産・動向記事

新型コロナウイルスの影響 2020/11/18 (水) 09:44:05
業 種セレクトショップ「STRASBURGO」運営
商 号リデア株式会社
 <リデア>
企業コード581449038
所在地東京都
倒産態様民事再生法の適用を申請
負債額負債46億円
「東京」 リデア(株)(資本金1000万円、港区北青山3−5−12、登記面=大阪府大阪市中央区西心斎橋1−1−11、代表石原秀樹氏)は、11月17日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は大石健太郎弁護士(中央区築地2−14−3、大石法律事務所、再生対策室電話03−5785−1023)。監督委員は香川明久弁護士(千代田区九段北4−1−5、香川法律事務所、電話03−5226−0327)。

 当社は、1990年(平成2年)6月に設立したアパレル小売業者。イタリアなど海外からの仕入れを強みとし、紳士服を中心に婦人服、革靴、繊維雑貨などの輸入販売を手がけていた。主力の小売部門ではセレクトショップ「STRASBURGO(ストラスブルゴ)」や「KITON(キートン)」、「CRUCIANI(クルチアーニ)」などの屋号で商業施設や百貨店内にテナントを展開するほか路面店も運営。そのほか、国内の有名小売業者向けに卸も手がけ、2020年1月期には年売上高約81億9400万円を計上していた。

 しかし、今期に入り新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛や店舗休業に伴い大幅に売り上げが減少。緊急事態宣言中の4月から5月にかけての売り上げは前年同月比で8割以上落ち込んでいた。6月以降、順次店舗の営業を再開したものの、売り上げは前年実績の2〜3割減で推移、平常化には程遠い状態となっていた。その後、資金調達に奔走するも奏功せず、自力での再建は困難と判断。今回の措置となった。

 負債は、債権者約360名に対し約46億円が見込まれるが変動する可能性がある。

 なお、東証1部上場の(株)ワールド(TDB企業コード:530535115、兵庫県神戸市中央区)のグループ会社、(株)ワールドインベストメントネットワーク(TDB企業コード:141020909、兵庫県神戸市中央区)が日本政策投資銀行と共同設立した(株)W&Dインベストメントデザイン(TDB企業コード:604022192、東京都港区)と、八木通商(株)(TDB企業コード:580036660、大阪府大阪市中央区)の2社がスポンサー契約を締結している。

 また、店舗は今後も通常通り営業を続ける。


戻る